パイプカット クリニック 手術 費用 比較 価格

不況にはパイプカット!?

不況になっても売り上げが落ちず、むしろ売り上げが伸びるビジネスがあります。不況というのは一般的に商売がしにくい状況をさしますが、アメリカでは意外なところで客が50%も増えたそうです。

 

それが、男性の避妊手術…「パイプカット」です。オハイオ州のとある医師が言うには、景気が悪化し出した時期から、精管切除と呼ばれるパイプカットを求める男性が急激に増え、スタッフと共に驚いているそうです。

 

その手術件数は不況が続けば続くほど増えていきます。それはなぜか?手術を受けた患者さんに聞くと将来的な不安、職を失う可能性、経済的な貧窮での子供の幸せを考えた結果、子供ができることを不安視したためといったのが動機だそうです。

 

同じように違う都市の医師も48%増加していると伝えており、不況とパイプカットの因果関係を示しています。