パイプカット クリニック 手術 費用 比較 価格

アメリカなどの外国のパイプカット事情

アメリカのパイプカット事情

 

パイプカット(避妊手術)とは、生殖能力を永久的になくす目的で行われる手術です。

 

アメリカでは、家族を作る、作らないの話し合いの中に必ずパイプカットをするべきかしないべきかを含めるほどパイプカットはメジャーな手術法です。

 

これは日本人にとっては驚きですが、家族計画のなかで真剣に夫婦と子供の未来を考えるのならむしろ必ず考えるべき事柄です。そういった意味でも日本は遅れているのかも知れません。

 

日本では、あまり馴染みのないパイプカットですが、世界においてはパイプカットはメジャー手術のひとつです。

 

日本のお隣、韓国でもパイプカットはメジャーです。それも韓国では昔、国がパイプカットを推奨していたほどでした。

 

1960年代の初めの韓国は出産率が、なんと6.0人もあり(ひと世帯に平均6人の子供)、当時の韓国政府は出産率を抑えるために、避妊を推奨していました。

 

そして、人口増加を抑えるために韓国政府は男性のパイプカット(避妊手術)を奨励しました。徴兵制のある韓国では徴兵制が終わっても、35歳ぐらいになるまでは予備役で一年に何週間かお勤めがあり、それをパイプカット手術を行えば兵役を免除するという法令ができ、多くの人が手術を受けました。

 

さらにその手術の費用はまったく要らず、ただで出来たのです。そんな経緯があるので韓国では多くの人がパイプカット経験者で、パイプカット自体が一般的な手術法なのです。

 

そのほかにもルワンダ共和国でも国を挙げてパイプカットを推進している国もあます。この国は人口増加防止と本来妊娠、子育ては女性に多大な負担を強いており、多すぎる子供を少しでも減らし、女性の負担軽減を目的としてパイプカットが無料で提供されています。

 

このようにいかにパイプカットという手術が多くの人に利用されている安全性・安心性の高い術式だという事が分かるとおもいます。